Chie Hirai

Fortepiano , Clavichord , Modern Piano

Schedule


平井千絵 あるサロンの昼下がり
~フォルテピアノとカルテットで聴く、軽やかなピアノ協奏曲~

日時:2022年12月23日(金)14時開場 15時開演
会場:自由学園明日館 講堂
チケット:<全自由席>一般 4,000円、ペア券 7,000円(未就学児入場不可)
※ペア券はムジカキアラでのみ取り扱い。平日10-18:00   03-6431-8186 にご連絡下さい。
ムジカキアラ info@musicachiara.com Tel.03-6431-8186  受付時間10時~18時(平日)
フォルテピアノを広める会(平井) fphiromeru@gmail.com

<曲目>
モーツァルト:ピアノ協奏曲 KV414 イ長調
ハイドン:ピアノ協奏曲 Hob XVIII-3 へ長調
モーツァルト:ピアノ協奏曲 KV449 変ホ長調

<出演>
平井千絵(フォルテピアノ)
第一ヴァイオリン 丸山韶
第二ヴァイオリン 遠藤結子
ヴィオラ 佐々木梨花
チェロ 高橋麻理子

<内容>
ピアノ協奏曲をオーケストラ伴奏ではなく、少数精鋭の弦楽4重奏伴奏で、親密なアンサンブルの繊細さを味わっていただく演奏会。
有名なモーツァルト作品2曲に加えて、モーツァルトの師であったハイドンの作品も演奏されます。現在ではピアノ協奏曲といえば、多勢のオーケストラ対、孤高のピアニスト、という緊張感をはらんだ構造が楽しまれています。しかし、18世紀後半のウィーンではむしろ、弦楽四重奏を伴奏に、室内楽のひとつとして、気軽に演奏されることが多かったようです。

ピアノ協奏曲の出版に際し、モーツァルト自身が書いた新聞記事には、
『(…)管楽器を伴う大オーケストラでも、ヴァイオリン2部、ヴィオラ1部、チェロ1部による
四声部でも演奏可能である(…)』と、あります。

大会場ではなく、サロンにぴったりのコンパクトな編成をアピールし、売上アップを狙ったことが読み取れますが、当時使われていたピアノの前身、フォルテピアノと、当時の奏法を用いる弦楽器奏者による演奏によって、当時の音楽サロンを想起させる自由学園明日館講堂で、軽やかにお届けします。
室内楽バージョンならではの、親密な高揚感をお届けできれば嬉しいです。(平井千絵)

 


フォルテピアノを囲む室内楽コンサート (9/28からの延期公演・会場変更)

日時:2022年12月26日(月) 14時開演(13時30分開場) 
会場:淀橋教会 小原記念チャペル(東京都新宿区百人町1-17-8)

     JR総武線「大久保駅」徒歩1分 山手線「新大久保駅」徒歩3分

出演:丸山韶(Vl)、島根朋史(Vc)、佐々木梨花(Va)、三宮正満(Ob)、平井千絵(Fp)

入場料:一般 4,000円 ペア券 7,000円(限定10組)

<曲目>
モーツァルト:ピアノトリオ 第6番 ハ長調 KV548 (1788年)
ギロヴェッツ:ノットゥルノ サヴォワ風 (1800頃)
モーツァルト(シュヴェンケ編曲 1805年):ノットゥルノ グラン・パルティータ” KV361

<チケット
Yahoo!パスマーケット https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02m4j7q44xm21.html
ムジカキアラ info@musicachiara.com Tel.03-6431-8186  受付時間10時~18時(平日)*ペアチケットはムジカキアラのみで取り扱い。
フォルテピアノを広める会(平井) fphiromeru@gmail.com

<公演内容>

フォルテピアノ(現代ピアノのご先祖にあたる、むかしのピアノ)を囲む室内楽の魅力を、サロンならではの至近距離で楽しんでいただく宵。
ヴァイオリンの丸山韶、チェロの島根朋史、ヴィオラの佐々木梨花、オーボエの三宮正満、フォルテピアノの平井千絵は、作品の生まれた時代の楽器を使って、聴き慣れた名曲が生み出された瞬間の響きの共有は、まさに親密な空間で聴いてこそ。聴衆と一体となって、新鮮な驚きと発見の喜びを共有します。
まずは、モーツァルト(1756-91)のピアノトリオ KV548で、ヴァイオリンとチェロがフォルテピアノと繰り広げる自由闊達な会話をお楽しみください。
そして、演奏機会の少ないA.ギロヴェツ(1763-1850)の ノットゥルノ サヴォワ風を。当時のヨーロッパの人々は、フランス南東部、イタリア・スイス国境のアルプス山地にあるサヴォワ地方を、雄大な自然に抱かれた理想郷として思い描き、そこで人々が奏で、踊る音楽に憧れを持っていたようです。モーツァルトと親交の深かったギロヴェツは、素朴な民族楽器の響きを思い起こさせる音型や、当地の舞曲のテイストを入れ込んで、魅力的な音物語を作りました。
休憩を挟んで、モーツァルトの代表作ともいえる、13の管楽器のためのノットゥルノ グラン・パルティータ”KV3611781年)を、ドイツで宮廷楽長として活躍したシュヴェンケによる素晴らしい編曲で。5人の奏者に割り当てられた旋律の宝箱を、どうぞお楽しみください。




吉江忠男(バリトン) 平井千絵(フォルテピアノ)
シューベルト三大歌曲プロジェクトVol.3《冬の旅》

日時:2023年4月15日(土) 14:00開演 *プレトーク13:15~
会場 :Hakuju  Hall (東京都渋谷区富ヶ谷1-37-5)
出演:吉江忠男(バリトン) 平井千絵(フォルテピアノ) 

第1部 プレトーク 13:15~13:45
堤朋平(音楽学者)×平井千絵 《冬の旅》について語る

第2部 冬の旅(全24曲)14:00~15:30

全席指定 5,000円 プレミアムシート:限定18席 6,000円 ペアチケット: 9,000円 ※ムジカキアラでのみ取り扱い

◎チケット取り扱い
Hakuju Hall オンラインチケット予約 https://hakujuhall.jp
チケットぴあ https://t.pia.jp
e+イープラス https://eplus.jp

◎ご予約・お問い合わせ
ムジカキアラ Tel.03-6431-8186 (平日10:00~18:00)
info@musicachiara.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange