桐朋学園女子高等学校音楽科、桐朋学園大学ピアノ科を卒業。
第5回かながわ学生音楽コンクール ピアノ部門総合第1位受賞。
第7回園田高弘賞ピアノコンクール準園田高弘賞・奨励賞受賞。
神奈川フィルハーモニー管弦楽団、九州交響楽団 と共演。

これまでにフォルテピアノを 故小島芳子氏、ピアノを松岡貞子、小川京子、林秀光、故園田高弘の各氏に師事。

98年よりオランダ政府給費留学生、00〜02年文化庁在外派遣研修員としてデン・ハーグ王立音楽院古楽器科で
スタンリー・ホッホランド氏にフォルテピアノを師事、02年に修士課程を室内楽・ソロとも栄誉賞付きの首席で卒業、
最も優秀な学生に与えられるニコライ賞を授与された。
02〜04年アムステルダム音楽院古楽科において、メノ・ファン・デルフト氏にチェンバロを師事。


2001年、第38回ブルージュ国際古楽コンクールフォルテピアノ部門第3位入賞。

2003年、IYAP国際コンクール(ベルギー)で優勝。日本でのデビュー・コンサートを開催。音楽の友、ショパン、朝日新聞
などで取り上げられ、好評を得る。

2004年、第13回ファン・ヴァッセナール国際・室内楽コンクール(オランダ)第3位入賞。

2005年、ハルシオン・アンサンブル ファーストCDをパッサカーユ(ベルギー)より発表。
ブルージュ国際古楽コンクール 公式伴奏者。

2006年、第10回 ドーヴィル音楽祭(フランス)にて、Jeremie Rohrer 指揮、Le Cercle de I'Harmonie オーケストラと
モーツァルト:2台のフォルテピアノのための協奏曲KV365を演奏。ディアパソン、モンド・ムジクの各誌で賞賛される。
パリ、ラジオ・フランスの「デクリック」シリーズに出演、放送される。

2003年より始めたチェロの鈴木秀美氏とのデュオ活動は、平成18年度文化庁芸術祭優秀賞受賞するなど、
各方面で好評を得る。NHKハイビジョン「ハイビジョンクラシック倶楽部」、NHKBS2「クラシック倶楽部」、
NHK教育テレビ「芸術劇場」で放映される。

ミシ・ガイグ指揮オルフェオ・バロック・オーケストラと、フランツ・クサヴァー・モーツァルト(モーツアルト二世):
ピアノ協奏曲Op.25などをドイツ、オーストリアの各都市で演奏。
“傑出したフォルテピアノの専門家であり、その、透明で軽やかな真珠のような演奏は、オーケストラと共に最も美しい
響きを引き出し、彼女の音楽的直感と、衒いのない名人芸を伝えた。(Wiener Zeitung)” 
と絶賛され、ウィーンコンツェルトハウスでの演奏はオーストリア国営ラジオなどヨーロッパ各地で放送される。

2007年、日本ではリサイタルシリーズ「ウィーンのピアノに魅せられた作曲家たち」を開始。Vol.1は、日本演奏連盟/
山田康子・助成コンサートに選定され、各誌で好評を得る。
欧州ではハーグ王立音楽院教授スタンリー・ホッホランド氏との4手連弾のデュオ活動を開始。


サント国際音楽祭(フランス)、バルセロナ国際古楽祭(スペイン)、ユトレヒト古楽祭(オランダ)、
フェリシア・ブルメンタル国際音楽祭(イスラエル)、「カリンシアの夏」音楽祭(オーストリア)への出演ほか、
ヨーロッパ各地と日本でソロ、アンサンブルの活動を活発に行っている。

1998年よりオランダ、デンハーグ在住。2012年より本拠地を日本に移し、教育活動にも力を入れている。
2013年より ピティナ演奏会員。
東海大学音楽学課程非常勤講師。日本セヴラック協会会員。
神奈川県出身。

このページの先頭へ