Home 日本語のトップページへ 「新聞・雑誌の記事から」 へ 平井千絵 Official Web Site 

「ショパン」 2008年8月号


      2008年5月14日に 横浜みなとみらいホール 小ホールで開催された
             「ウイーンのピアノに魅せられた作曲家達 Vol.2」
                       【変容の愉悦】 

          平井千絵 フォルテピアノ リサイタル Vol.2 の演奏会評です。
 なお、執筆者の敬称などは省略させていただきます。ご了承下さい。

        【演奏曲目】   
ベートーヴェン :
創作主題による6つの変奏曲 作品34
フィールド :
ロシアのうたによる変奏曲
ショパン :
華麗なる変奏曲 作品12
ベートーヴェン :
「プロメテウスの創造物」の主題による15の変奏曲と
フーガ 変ホ長調 作品35 (エロイカ変奏曲)


  フォルテピアノの魅力と変奏技法の妙技を堪能
  平井千絵
  フォルテピアノ リサイタル

 桐朋学園大学ピアノ科を卒業。 故・小島芳子にフォルテピアノの手ほどきを受け、デン・ハーグ王立音楽院に留学して
スタンリー・ホッホランドに師事、さらにアムステルダム音楽院でメノ・フォン・デルフトにチェンバロを学んだ。
01年ブルージュ国際古楽コンクール第3位、03年 IYAP国際コンクール(ベルギー)優勝のほか、国内外で数々の賞歴を
持ち、現在はオランダを拠点にソロや室内楽で活躍している平井千絵のフォルテピアノ リサイタルを聴く。

 07年より日本ではリサイタルシリーズ 『ウィーンのピアノに魅せられた作曲家たち』を開催しており、今回はその2回目。
『変容の愉悦』と題し、ベートーヴェン『創作主題による6つの変奏曲』作品34と、『エロイカ変奏曲』作品35,フィールド『ロシアのうたによる変奏曲』と ショパン『華麗なる変奏曲』作品12を、1825年頃ウィーンで製作されたローゼンベルガーを使用して演奏。

 ピアノという楽器の技術革新が進む中に生まれた変奏曲の醍醐味と、個々の作曲家の変奏技法の妙味を味わうとともに、
当時のウィーンのピアノの魅力に触れてほしい、という平井の思いのありたけが示されたリサイタルであった。

 その卓越した技巧、音楽性、表現力により、幅広い層の音楽ファンを虜にしている平井だが、この日も、のびのびとした躍動感と小気味よい愉悦感とともに、しなやかで、きめこまかな神経がいきとどいた演奏を聴かせて、平井ならではのファンタジーを繰り広げて見せてくれた。

(横堀 朱美)      


            (5月14日・横浜みなとみらい小ホール)