Home 日本語のトップページへ 「新聞・雑誌の記事から」 へ 平井千絵 Official Web Site 

「ショパン」 2008年1月号


      2007年10月17日に めぐろ パーシモンホール 小ホールで開催された
              日本演奏連盟/山田康子奨励・助成コンサート
             「ウイーンのピアノに魅せられた作曲家達 Vol.1」
                   【ヴィルトゥオジテ と ポエジー】 

          平井千絵 フォルテピアノ リサイタル の演奏会評です。
 なお、執筆者の敬称などは省略させていただきます。ご了承下さい。

        【演奏曲目】   
チェルニー :
旋律的エチュード 作品795−3
バッハ・チェルニー編 :
フーガの技法より  第1フーガ、 第9フーガ
ベートーヴェン :
ソナタ 第31番 変イ長調 作品110
シューベルト :
ソナタ イ短調 D845


  作品本来の姿に近接
  平井千絵
  ピアノリサイタル

 2006年に開いた、チェロの鈴木秀美との共演ピアニストとして、シューベルトとメンデルスゾーンにおいて時代様式に則したすばらしい境地を披露して一躍注目を惹いた平井千絵が、今回その本領であるフォルテピアノによる初の独奏リサイタルを行った。
 彼女は世界の古楽の中心地のひとつ、ベルギー、オランダでの研鑽と活動を経て、現在はデンハーグ在住とのこと。わが国の奏者にして本格的にこの世界に身を置き、活躍を営んでいる期待の主。

 解説プログラムの記載によると、この日の楽器は1825年頃、ミヒャエル・ローゼンベルガーによって製作されたフォルテピアノとのこと。
 奏でられた作品はこの楽器の製作年代近辺の、ベートーヴェンのソナタ作品110,ベートーヴェンの高弟であったチェルニーの一曲と、チェルニーの編曲によるバッハの「フーガの技法」からの2曲、それにまさにこの楽器の年代に等しく、1825年作のシューベルトのソナタD845。
 日常的にはモダンピアノの奏でる世界として親しまれているこれらの諸作品が、楽器と奏者を得ればどのようになるであろうか、期待と注目の一夕。

 音の粒の美しさは宝石か真珠のよう、音域による旋律の表情の違いは、時には木管楽器か弦楽器のような旋律ごとの対位的独自性を示すが、奏楽全般は実にデリカシーに富み、その味わいの深さは格別。 
 ポリフォニックな部分の妙味は、ピアノ属の楽器でこれほどと思うほど。 もっとも楽器の孕むデリケートさゆえか、終始万全である事への困難さも察しられる折りもあったにしても、各々の作品本来の姿に近接した魅力は格別。
 終わりのアンコールに聴き手の感興を反映させたかのような『楽興の時』のさりげないひとこま。

 記したい感想はまだまだたくさん、残念ながら誌面切れ。予告されている次回以降にも期待は高まる。
 モダンピアノだけでウィーン古典派のピアノ音楽に当たっているピアニストたちにも、ぜひ聴いてほしい。

 まさに「目から鱗!」のコンサート。
(菅野 浩和)      


            (10月17日・めぐろパーシモンホール〈小〉)